ハーストーリー:最新号のご案内

lady1 風薫る5月、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 今月号の会いたいこの人は安達曈子さんです。テーマは「名を継ぎ『命』を生ける」で、「二代目を継いで18年、緑を生涯のテーマに掲げながら、花の命をみつめどう生かすかということを意識しつつ、生命感あふれる作品を生けていきたい」と語っておられます。
 対談のテーマは「アフリカは日本の心を学びたい」で、「世界人口の半分がアメリカ人になる時代がきています。アフリカの人たちは「『一つの心で(目標)を目指す』日本の心を学びたいのです」と話しておられます。そして、友好の橋では英国・・など、世界各地からの話題も盛りだくさんです。
 また、時代に咲いた花は、カナダの大自然と先住民を愛し、生命力に満ちた絵画を多く残したエミリー・カーの前半の物語です。その他、世界で活躍されている皆様の『ストーリー』満載。是非、誌面でお楽しみ下さい。

<月刊『ハーストーリー』編集部より>

2019年5月号のコンテンツ

<May 2019 : 通巻 364号>

201904cover

座標軸 ※立ち読み
マクワウリに寄せて/向野幾世
会いたいこの人
名を継ぎ「命」を生ける
安達曈子
対談
アフリカは日本の心を学びたい
池亀美枝子・細川珠生
Currents 思潮
学校へのスマホ持ち込みと親の責任
CINEMA SELECTION
パッドマン5億人の女性を救った男
詩・季・彩
塔 和子「五月」
友好の橋 ※立ち読み
英国
四季の食卓
アスパラと三鮮の炒め物(竜髭菜炒三鮮)
さあ! 歌いましょう
「背くらべ」
知らなかった!生命のドラマ
家族思いの「海のギャング」シャチ
ティーサロン

家族で子育てQ&A㉙

時代に咲いた花 ※立ち読み
エミリー・カー(上)
カナダの大自然と先住民を愛し
生命力に満ちた絵画を多く遺した
連載 物語の宮殿
藤田喬平ガラス美術館
日本の歳時記
八十八夜

readlink

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る